痛風の激痛が起こる発作は、尿酸の増加が原因です。
尿酸値が上がるきっかけには、食べ過ぎや飲み過ぎ、強いストレスの他に、激しい運動による尿酸の増加があります。

ストレスがたまったとき

痛風の原因には、食べ過ぎや肥満などがありますが、そのほかに、過労やストレスがきっかけとなって尿酸値が上昇し、痛風の発作が起こりやすくなることもあります。
他の生活習慣病と同じように、長い時間をかけて生活環境に影響されながら発症します。

ストレスがなぜ尿酸値を上げるのか、そのメカニズムはまだ明らかではありませんが、痛風が、ストレスが多い中間管理職のサラリーマンに多く起こることや、ストレスを受けるとホルモンの分泌が変化し、腎臓から尿酸が排泄されにくくなるなどのことから、ストレスと尿酸値の増加には深い関係があると考えられています。

一般的に、いくつかの原因が重なり合って尿酸が増える体内の環境がつくられます。
特に、ストレスがたまっているときに、食べ過ぎ、飲み過ぎが重なると、痛風発作を起こしやすくなります。

現代社会で暮らしていると、ストレスを全く感じずに生活することは極めて難しいことです。
とはいっても、あきらめてしまわずに、仕事が忙しいときには食事のメニューや食べる量に気をつかうなど、尿酸を増やさない生活習慣を心がけることが必要です。

激しい運動をしたとき

運動は、尿酸値を下げるとは証明されていませんが、尿酸値上昇に関係する肥満の解消などに有効な方法の一つです。
しかし、尿酸値を下げようと必死になって運動をしていたら、痛風の発作が起きてしまった、という話もあります。

これは、激しい無酸素運動をすると尿酸値が急激に上昇する、という体のメカニズムが働くからです。

プロのスポーツ選手にも痛風の発作を起こす人が少なくありません。
特に、腕立て伏せや腹筋運動、背筋運動、ジムのトレーニングマシンなど筋肉のジムのトレーニングマシンなど筋肉の一部を酷使する運動、短距離奪取など瞬発力を競う運動、サッカーなど走り回る運動は、尿酸値を上昇させます。

激しい運動をすると、疲労物質である乳酸が体内にたまり、尿酸の排泄機能を低下させるので、尿酸値が急激に上昇するのです。

ですから、激しい運動のあとは、たっぷりと水分を補給し、血液中に増えた尿酸を尿にとかして、早急に体外に排泄することが大切です。

一方、有酸素運動を適度な時間行うことは、体脂肪減少や他の生活習慣病の予防に有効です。

日常生活で行う痛風の治療に、食事療法と運動療法がありますが、運動療法を行う倍は、必ず医師から運動の内容を指示してもらい、症状と体力に合った運動を行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です