腎臓などの臓器や体に異常があると、尿の成分のバランスが変わったり、有害な成分が含まれるようになります。
それらの成分の量や種類が調べると、体のどこに異常があるのかが分かります。

腎臓は、障害が起きてから機能が正常時の約1/3まで低下しないと、自覚症状が現れません。
ですから、高尿酸血症と診断された人は、早急に腎臓の検査を受ける必要があります。

尿タンパク検査のほかに、腎臓の検査で重要なのは、BUN(尿素窒素)やクレアチニンなどの数値です。

これらが異常値を示すと、腎臓の機能障害はかなり進行していると考えられます。

BUN(尿素窒素)

BUNは、血液中の尿素窒素のことで、体内で使われたタンパク質が分解されてできる老廃物です。
正常な場合は尿と一緒に排泄されますが、腎機能に異常が起きると尿素窒素をろ過できなくなるので、血液中の濃度が高くなります。

正常値は、8.0~20mg/dlです。

クレアチニン

血液中の成分で、筋肉内でできる老廃物です。
腎機能が低下すると、血液中のクレアチニンが増加します。
血清クレアチニン値は腎機能障害が進行すると上昇します。

尿タンパク

尿中のタンパク質の量を調べる検査です。
通常、タンパク質は腎臓の糸球体でろ過されて尿の中に出ますが、そのほとんどが尿細管で再吸収されるので、尿中にはわずかしか排泄されません。
しかし、腎臓に障害が起こると、尿中に多量に出ることになります。

正常値は、陰性で、1日あたり100mg以下です。

尿潜血反応

尿に、血液が混じっていないかを調べる検査です。
腎臓や尿管、膀胱、尿道に異常があると、尿に赤血球が混じる事があります。

結石があると、尿潜血が陽性になることがあります。

太りたい女性必見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です