痛風の合併症で一番恐ろしい、と言われているのが腎臓の機能障害です。
また、痛風の前に腎臓病になっていると、尿酸がうまく尿中に排出されないので、痛風の症状の悪化を早めます。

腎臓の働きを調べる

尿中の尿酸の量を測定して、腎臓の働きを調べます。
また、尿中尿酸量検査と、血清クレアチニン濃度検査によって、患者の痛風が排泄低下型か過剰生産型かを判定します。

1日に排泄される尿酸の約60%は腎臓で血液からろ過され、尿と一緒に排泄されます。
残りは、消化管や肝腺から排出されます。

尿酸の量が増えすぎると、尿に溶けきれない尿酸が腎臓に付着するので、腎臓障害を引き起こすことがります。
また、腎臓に慢性腎不全などの疾患があると尿酸が十分に排泄できなくなり、尿酸値が上がって痛風や高尿酸血症になることがあります。

痛風になると尿のpH(ペーハー。酸性度)は低下します。
酸性度が5.0~5.5という数値だと、尿アルカリ化療法が必要です。

子どもが毛深くてイジメ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です