プリン体は、体に不要な害毒のように思われていますが、もとは遺伝子の核酸を構成している重要な物質です。
新陳代謝で古い細胞が死ぬときに核酸が分解され、プリン体は尿酸となります。

プリン体のもとは遺伝子の成分

DNAやRNAなどの遺伝子の成分である核酸は、塩基、リン酸、糖の3つの成分で構成されています。
塩基は、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)、ウラシル(U)という5つの物質の組み合わせで遺伝情報を作り、伝達する役割を持っています。

この塩基配列と呼ばれる遺伝子情報がなければ、生物は存在することができません。
この中で、アデニンとグアニンを、その構造の特徴から「プリン体」と呼んでいます。
また、エネルギー源となるATPを構成しているアデノシンも、プリン体の一つです。

プリン体は、古い細胞が死ぬときに核酸が分解されて放出され、また、エネルギー源のATPがエネルギーとして消費されたあとに残され、それらが集まって尿酸となって体内に蓄積されていきます。
ですから、プリン体と呼ばれる物質は、尿酸になる前は、私たちの生命活動を根源で支える重要な物質だったのです。

また、プリン体は食品にも含まれ、特に多いのは、レバーなどの内蔵、魚、卵、貝類、ビールなどです。

食品中のプリン体は尿酸値に影響しない

以前は、プリン体を多く含む食品を食べると痛風の原因になると考えられ、プリン体の多い食品の節酒を厳しく制限していました。

しかし、その後の研究で、食べ物から体内に入るプリン体は、過剰でない限り、ほとんどが腸内で細菌によって分解されてしまうので、尿酸値の上昇への影響は、大きくない事が分かりました。
ですから、プリン体を多く含む食品を毎日食べ続けたり、一度にたくさん食べたりしない限り、極端なプリン体の食事制限指導をすることは少なくなりつつあります。

これまで、尿酸が体内で作られて排泄されるまでのメカニズムを説明してきました。

しかし、痛風になる原因は、尿酸の量の増加だけではありません。
肥満、運動の量、ストレス、退室などの要因が加わって発症します。
これには個人差があるので、日常生活での自己管理が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です