病気と性格の関係は、医学的に解明されていません。
ストレスの感じやすさ、ストレスに耐える力が、性格によって差があることから、ホルモンの分泌に影響している可能性があります。

痛風になりやすい性格がある

ストレスが多くの生活習慣病の原因になっていることはよく知られています。
痛風の発作も、ストレスがたまると起こりやすくなります。

ストレスを感じると、自律神経の交感神経が強く働くようになるので、心身の緊張状態が続き、エネルギーが余計に消費されます。
そのために代謝が活発になって、尿酸の産出が増えるのです。

また、ストレスが蓄積されて体調が乱れると、尿酸の排泄がうまく行われなくなって体内にたまり、尿酸の量は上昇します。

痛風患者が最も多いのは、30~50代の男性です。
この世代は、仕事や家庭においても重い責任を負っているために、常に不安や心配、悩み事などをかかえ、多くのストレスにさらされて生活をしています。
それが痛風発症の原因の一つとなっています。

したがって、痛風の原因を取り除くには、ストレスのない生活を送ることも重要ですが、現代社会においては難しいことです。
そこで、できる限り「ストレスを少なくする」ことを心がけ、痛風発作を起こすようなきっかけを極力減らすように努めることが大切です。

痛風になりやすい人は、遺伝的素因のある人、生活習慣に問題のある人、肥満の人などです。

なぜストレスによって痛風になる人が増えるのかは、まだ明らかにされていませんが、発症に関係している可能性があります。
一般に、まじめで几帳面、何事も深刻に受け止める人はストレスをためやすい、と言われています。

楽天的思考を持つ

生まれもっている性格を変えることは、なかなかできることではありませんが、頭のすみに
「悩んでも仕方のないことは、悩まない。やるべきことをやったら、あとは運を天にまかせる」
という楽天的思考を持つ事も、アルコールを飲み過ぎないなどの生活習慣の維持には重要です。

また、自分に合ったストレス解消法を身につけることも大切です。
軽いスポーツで汗を長洲、旅行に出かける、音楽を聞く、花を育てる、ジョギングをするなど、様々な解消法が考えられますが、本人が続けてできる趣味であれば何でも構いません。

とはいっても、日頃「ストレス解消法」として行われていることのなかには、好ましくないものもあります。
例えば、お酒の飲み過ぎです。
適量のアルコールは心身をリラックスさせるので、ストレス解消に有効ですが、ストレスの重圧からのがれるために深酒をしたり、やけ酒をしたりすると、かえって尿酸値を上昇させます。

そのほか、徹夜麻雀のように翌日に疲労が残る遊びや、やけ食い、ドカ食いなども、肥満や健康を害する原因となるので避けて下さい。

痛風になりやすい人の判別法

痛風患者に多い性格がある、という報告もあります。
痛風になりやすい人のチェック項目を作ると、次のようになります。

①何事にも積極的
②活動的で、行動力がある
③指導力がある
④自己主張が強い
⑤ものごとに意欲的に取り組む
⑥周囲に対して攻撃的
⑦責任感が強い
⑧有能である

しかし、こういう性格の人が必ず痛風になる、というものではありません。
チェック項目に心当たりがある人も、日頃から生活習慣をよくするように努力していれば、痛風になりにくい、というふうに受け止めて下さい。

これらのチェック項目を読むと、まじめに誠意をもって仕事をし、努力しながら生きることが、全て生活習慣病につながるような印象がありますが、何事も深刻になりすぎず、健康上手になることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です